レーシックで素敵な恋愛を

目の視力が悪く、メガネを装着して日常生活を送ってきた方も、コンタクトレンズをつけて送ってきた方も沢山いらっしゃると思います。裸眼で生活している方を羨ましく思ったこともあるでしょう。私もそうでした。でも、もうそんな悩みとはお別れ出来るのです。レーシック手術で視力回復・・・そんな時代になりました。あなたも視力回復をして素敵な恋愛を、素敵な人生を送りませんか?きっと世界が変わり、広がります。
私はずっと視力が悪く、めがねで日常生活を送ってきました。めがねを装着すると頭が痛くなる体質だったので必要最低元めがねを装着するのは避けていました。そのせいか、目つきが悪かったらしく、あまり人が近寄って来なかったのではないかと、レーシック手術をした今は思います。目の視力が回復しただけで驚くぐらい自分の人生が変わりました。今まで気にしなかったニキビにも敏感になり、自分の顔にこんなにもニキビがあったことには驚きました。洗顔もしっかりするようになり、おしゃれにも関心を持つようになりました。自分の美意識がすごく高まって周りに人が集まるようになった気がします。一つのコンプレックスは一つの勇気で変われるのだと実感し、今すごく幸せです。視力が悪いことで色んな悩みをかかえている方、不便なことが沢山ある方、きっとその悩みはそれぞれだと思います。でも楽しく有意義な人生を送っている私だからこそ、皆様にこのレーシック手術をオススメしたいです。決めるのはあなたですが、本当にこのレーシック手術は凄いのですよ!

レーシック手術を見学で不安を解消!

目の視力が悪く視力回復をしたい!しかし、レーシック手術は少し怖い・・・そんな方は非常に多いのでは無いでしょうか。レーシックの情報は沢山転がっていると思います。インターネットや資料請求や無料説明会などあらゆるレーシック情報を入手しようと行動されてきた方は多いと思います。でも、腹が決まらない・・・なんて方にオススメしたいのはレーシック手術の見学です。ぐずぐず悩んでいるのなら行ってみて下さい。不安というものは正確な情報の量で解決出来るはず。あなたの未来の世界が変わるかもしれません!
レーシック手術を見学するというのは、検査や手術前や手術中、手術後を全てみることが出来ます。どんな流れでレーシック手術をし、検査をし、始まりから終わりまでを見ることが出来るので眼科・クリニックの対応の仕方が分かります。そして、患者さんの表情なども細かく体感することが可能です。質問することも出来るかもしれません。そうすることにより、あなたの不安も解消されるのでは無いでしょうか。ですから最近ではレーシック手術の見学をする方が非常に増えています。あなたの候補にある全ての眼科・クリニックのレーシック手術を見学するのもいいかもしれませんが、レーシック手術の見学を行っていない眼科・クリニックもあるのでご注意下さい。まずは、眼科・クリニックに確認してみること!もし見学出来るのなら、することをオススメします。あなたが入手した情報が正確なのかをその目で確かめてみて下さい!

手術ご予約申し込み方法

レーシック手術を受ける眼科・クリニックはもう決まりましたか?一生大切なあなたの目です。沢山の時間を費やして妥協せず、沢山の眼科・クリニックに資料請求し、説明会に行ったりして比較することをオススメします。自分が納得出来、ここの眼科・クリニックなら自分の目を任せられると確信出来る所に預けて下さいね!
さて、眼科やクリニックは決まったのならば、次は手術予約も申し込みをしなくてはなりません!オススメなクリニックとはやはり人気があるクリニック!ですから、効率よく予約をしようと思った時はインターネットから申し込むと素早く出来ますよ!電話でも良いのですが、人気のクリニックだと込み合っていることが考えられますね。そしてインターネット申し込みのメリットについてですが、口頭で伝えるよりも正確に必要事項を纏められますし、医師にあなたのカルテ化されたものが手渡されるのであなたのことを手術前により理解して頂けるというのが最も魅力的です。とは言っても、インターネット予約というのは実際にスタッフの声を聞くことが出来ないので、不安になられる方も非常に多いと思います。しかし決して機械的な対応では無く、予約をした眼科・クリニックから確認のメールが来ますのでそこでやり取りも出来ますよ!適応検査を受けてからといって、その眼科・クリニックで手術しなくてはならない決まりなどは一切無いので、候補がある眼科・クリニックの適応検査を受けてみるのもいいかもしれないですね。そうすると、そこの眼科・クリニックの雰囲気をあなたの体で実感出来ます。あなたの信頼出来る眼科・クリニックに予約をして下さい!

レーシックやって良かった談

目の視力が悪く、コンタクトレンズをつけたりメガネを装着したり・・・裸眼での日常生活に憧れを抱いてレーシック手術をしようと決断された方がほとんどだと思います。色々な不便なども沢山あり、やっとレーシック手術で視力回復に成功!そんな方の嬉しいエピソードをまとめてみました!!

・僕はスポーツが大好きで、ずっとサッカーをしていました。メガネを装着して日常生活をしてきた僕ですが、サッカーをする時にすごく邪魔になりコンタクトレンズをするようになったものの、目にフィットせず違和感がつのりサッカーに集中出来なくなりました。視力回復したい!とレーシック手術を決意。手術後の数カ月はサッカーが出来なかったのですが、自分の視界が明るくなり目が裸眼で見えるという喜びをしみじみ噛みしめています。もうすぐでレーシック手術をしてから8ヵ月となりますが、もう視力で悩むことはありません!そしてこないだサッカーのレギュラーに選ばれました。何の不自由のしない日常生活が待っています。皆さんのあらゆる可能性も広がるかもしれません!僕はこのレーシック手術をあらゆる方に広めて行きたいです。
・1年前までメガネを着用していた仕事の同僚がレーシック手術をしてきたの!と言って目の視力回復しました。彼女は昔から無口なタイプで暗い子だなという印象だったものの、レーシック手術後、彼女の表情まで明るくなっていきました。そんな彼女を見て私もレーシック手術をしようと決意。今半年経ちますが術後も順調です。何より視力回復するだけでこんなに自分の世界が変わることに驚き、レーシック手術の素晴らしさを実感しました。私にレーシック手術を教えてくれた彼女に感謝の思いでいっぱいです。

逆まつ毛と慢性結膜炎のベーシック手術

逆まつ毛や慢性結膜炎でレーシック手術を受けたい!と考えている方いらっしゃると思います。そこで今回は逆まつ毛と慢性結膜炎についての疑問を説明したいと思います。逆まつ毛・慢性結膜炎・・・レーシック手術をすることは可能なの?

レーシック手術を受けられない一つとして、逆まつ毛・慢性結膜炎があります。軽度の逆まつ毛・結膜炎の場合はレーシック手術を受けることが可能なのですが、重度の逆まつ毛や慢性結膜炎は、先に治療をしておかなければなりません。目安として、レーシック手術を受ける1カ月前には終わらせておくことをオススメします。
まず逆まつ毛についてですが、治す方法として、逆まつ毛の手術をする治療法があります。この逆まつ毛を先にした場合、レーシック手術をするまでに1ヶ月間の期間を空けなけらばなりません。そしてレーシック手術を先にした場合は、同じく逆まつ毛の手術を1ヵ月空けて下さい。これが目安となります。
そして次に結膜炎についてですが、この結膜炎で重要になってくるポイントは結膜炎の種類です。アレルギー結膜炎なのか、流行性結膜炎なのか・・・。
アレルギー性の結膜炎の場合、軽度だと問題はありません。しかし重度の症状だと治療が必要となってきます。しっかり治療した後にレーシック手術を受けましょう。そして流行性結膜炎の場合はウィルスの原因となりますので、眼の状態は自然に落ち着いてくることがあります。その場合でも症状が無くなってから1ヵ月後にレーシック手術をすることをオススメします。

最新の情報!より良いレーシック手術を!

最新のレーシック手術を、みなさんご存知ですか?最も技術の進んだレーシック手術を紹介したいと思います。

・イントラレーシック
この術法は屈折矯正手術の最新です!以前からのレーシック手術と同じような手術法で
角膜の表明をレーザーで削り、角膜の屈折を正しフラップを乗せるのです。簡単に説明しましたが、気になるのは以前からのレーシックとイントラレーシックの違いです。さてその違いについて調べてみました。
以前までのレーシック手術は、角膜を削る際に刃金かんなのメスで削っていました。その削り方には精度に限界がある為、角膜の薄い方にレーシック手術をするのは不可能でした。イントラレーシック手術は、かんなで削るのではなくフォムト秒レーザーマイクロケラトームを使用するのでその違いが大きな点となります。
角膜が薄い人にも手術が出来るようになり、以前のレーシック手術に比べるとより安全で、又より精度が高いのがイントラレーシックです。
・フォトム秒レーザー
このフォトム秒レーザーはコンピューターによって動くレーザーで、確実な正確さなので必要な厚みのフラップを作る事が可能になりました。その為手術で一番重要な角膜へのエキシマレーザー照射が簡単に出来ます。以前のレーシック手術で、稀に見られたフラップのしわなどが全く出来ない為、安心で非常に精密な術法なのです。
この様にレーシック手術において、フラップの正確さにかかっています。ですからイントラレーシックのフラップ作成の精度は、非常に安全性を高めた手術として認められています。

妊娠中のレーシック手術?その疑問について

妊娠中に裸眼で我が子を見たいなどと思う方も数多くいらっしゃいますよね。又レーシック手術を希望していたけれど妊娠した、など色んな状況の変化があると思います。さて、妊娠中や授乳中の方のレーシック手術って受けることが出来るのでしょうか?

妊娠中の方や出産したての方、授乳中の方の場合ですがレーシック手術を受けることは出来ません。レーシック手術の前に必ず適用検査を受けなければなりませんが、妊娠中や授乳中の方は不適切と判断されてしまいます。理由としては、女性ホルモンの変化がある時期ですので屈折が非常に不安定になっています。出産前にレーシック手術を受けられた方でも、その後のホルモン変化の影響で視力が維持されなかった方もいます。レーシック術後の視力に戻ったのは出産・授乳中の期間が終わってからだったという例もあります。ですから、そんな時期にレーシック手術を受けるのを避ける方が適切な判断だと思います。他には、レーシック手術で使う麻酔(点眼目薬)やレーシック手術後に感染の予防を防ぐ薬を投入するのですが、この麻酔や薬が胎児へ影響する可能性があります。大きなリスクを伴うことになりますので、やはり妊娠中・授乳中のレーシック手術は受けない方が賢明と言えるでしょう。それでも「赤ちゃんが産まれた瞬間に裸眼で見たい」そういった思いも非常によくわかります。その場合は妊娠計画前にレーシック手術をされるといいでしょう。

あなたに適切な視力回復方法とは

レーシックの中にも色々な種類があります。角膜の厚さや眼球の状態など人それぞれの状態によって手術法も変わってきます。まずは適応検査を受けてから、その結果で手術法が決まるのですが、そんな視力回復の方法があるのでしょうか。レーシック手術を含めて、あらゆる視力回復法について書きたいと思います。

・レーシック手術
イントラレーシック・・・
非常に精密で角膜にフラップを作る際機械で行います。強度の近視の方も、角膜が薄い方も手術が出来るようになりました。イントラレーシックの術後はより夜間の視力が低下しにくいという結果も。
Iレーシック・・・
通常のレーシックに比べるとIレーシック手術の費用は少し高め。ですが、最新の技術で高めの費用を出しても損をしないです。眼は一生ものなのでオススメします。
エピレーシック・・・
このエピレーシックは角膜のフラップが最終的に消失するのが特徴。激しい運動をされている方にはこの技法にすると眼を傷つける事なく運動が出来ますが、デメリットとして非常にフラップが薄いので保護用のコンタクトレンズを着用しなければなりません。

PRK・・・
レーシックより前からあるレーザー治療。PRKの特徴はフラップを作成しないことです。回復までの期間や痛みなど他の手術と比べると劣るので、視力が安定するまでやや長い。ですから、手術は片目ずつという形になります。複雑な理由で通常のレーシック手術が受けられない方も、視力回復する事が可能です。強度の近視・遠視・乱視も視力回復が出来ます。
ラゼック・・・
非常に薄いフラップを作ることが可能な為、角膜が薄く通常のレーシックを受けれない方でも手術が可能です。
CK・・・
老眼治療の方法です。ラジオ派で行う視力回復の為、メスやレーザーは使いません。98%の方がメガネ不要で日常生活が送れるようです。
フェイキックIOL・・・
白内障手術のことで人工レンズを入れる方法。取り外しも可能で元の状態にも戻せます。
サプリメントなど・・・
視力回復の補助でしか無いので、確実にメガネやコンタクトレンズを使わずに日常生活を送る事は出来ません。

レーシック手術を受けるのに適切な年齢

レーシック手術を受けたい!でもレーシック手術を受けるのには年齢って関係あるのかな?そんな疑問を解消!若い方も年配の方の、今レーシック手術して大丈夫?

一般的にレーシック手術が可能なのは20歳~60歳とされています。まだ未成年の方でも18歳以上で保護者の同意書があれば、レーシック手術を受けられる場合もあります。ですが、このように年齢の制限があるのには理由があり眼の成長が関係します。
人間の成長というのは、大体20歳前後で止まり眼の成長も同じぐらいで、大体高校を卒業で成長がストップします。その後は環境の悪化や老化現象により視力が低下はありますが、劇的な変化や近視の進行は起こりません。
こうした事から成長過程の段階でレーシック手術を行うと、手術によって視力を調整されてもそもそも視力が不安定な時期なので、発育と共に変化してしまう可能性があります。その為20歳未満の方は、レーシック手術を受ける事が出来ません。又、この理由と同じで、近視・乱視・遠視が1年以内に視力変化がある場合は進行中の為にレーシック手術を受ける事が出来ません。
そして、年齢制限60歳までとされていますが、40歳以上のレーシック手術になると老眼になる可能性があります。まず老眼とは、視点のピントを合わせる機能が衰えていく症状です。遠くをよく見える人は、遠くの位置にピントが合ったまま眼が放置されるので近くにピントを合わせにくくなる。これが老眼です。
そうすると近視の方がレーシック手術で遠くが見えるようになったとしても、今度はピントの位置が遠くで放置されてしまうので、結局老眼になるということなのです。一番は専門医に聞くことがいいので、一度相談してみて下さい。

レーシック手術のクリニックを選ぶ!資料請求のメリットとは~

「レーシック手術をしたい!」そう思っても一番肝心な眼科・クリニック選び・・・。「沢山あって何処がいいのか分からない!」という方も非常に多いと思います。最近ではレーシック手術の知名度があがり、情報を入手するのは簡単だと思いますが、本当にいい医師を信用してからレーシック手術を受けたいものです。なので、気になった眼科やクリニックに直接資料を請求することをオススメします。より沢山の眼科やクリニックを比較し、より正確な情報の中から決断することが最も重要です。資料請求のやり方は、眼科・クリニック・の公式ホームページには資料請求の欄があると思います。そこから資料請求するのもいいですし又は、電話に問い合わせてみるのもいいでしょう。他にもインターネット内に、レーシック専用の一括資料請求というサービスもあります。こういうサイトから大量に請求して選ぶのもいいかもしれませんね。無料ですし、勧誘も無いですし、比較出来る所が最大の魅力だと思います。又、クリニックによっては無料請求するとレーシック手術費用が割引になる場合もあります。手術前に必ず受けなければならない適応手術が無料になったり・・・割引内容は眼科・クリニックによってそれぞれ違うので確認してみて下さいね。資料請求をした後、眼科やクリニックの雰囲気を見にいく事をオススメします。そうして行く内に必ず信用の出来る所が見つかります。一生ものの目ですから、慎重にじっくり考えて下さい!