SBC新宿近視クリニック ≫ 施術内容紹介

プラチナイントラレーシックS-line≫ 適応検査無料

向いている人 強度の近視または乱視の人/激しいスポーツをする人
施術内容 イントラレースFS60と微小誤差アジャストシステムにより、正確で誤差の少ないフラップ作成が可能なイントラレーシック。同院での執刀は経験豊富な医師のみが担当し、担当医の指名もできる。フラップの形を立体的に作成できるので、激しいスポーツをする人にも向いている。ハロやグレアも起こりにくい。なお、目の状態によっては、他の術式を勧める場合もある。

<プラチナイントラレーシック S-lineの特長とは>

プラチナイントラレーシックS-lineとは、Superior(より優れた)、Sub-bowman(角膜上皮直下で行なう)なレーシックである。 圧倒的な症例数から導き出した数値を元に、データを再構築し、エキシマレーザーを照射するため、非常に安定した術後視力が期待できる。 フラップ作成時に、微小誤差アジャストシステムを導入することで、薄くて均一なフラップの形成が可能となった。

その他の特長としては、以下の5つが挙げられる。

厚生労働省承認のイントラレースFS60レーザーで、正確にフラップを作成

厚生労働省承認のイントラレースFS60レーザーにより、均一で薄いフラップの作成が可能である。また、フラップの厚さや大きさ、フラップを支えるヒンジの位置や長さなどを自由に設定できるため、患者個々人の目に合った、オーダーメイドのフラップ作成が可能となっている。

フラップ面が薄く滑らかで、フラップの形を立体的に作成することができる

フラップを作成する際に、全工程をコンピュータ制御で行なうため、完全な円形で、ムラがなく、なめらかなフラップ面を作成することができる。 また、形を立体的に作成することが可能なため、術後の衝撃に強く、激しいスポーツをする人にもおすすめである。

照射スピードが速く、しかも正確な照射が可能なエキシマレーザーを使用

プラチナイントラレーシックS-lineで使用するエキシマレーザーは、レーシック手術において多数の症例数を誇る「アレグレット・ウェーブアイキュー・ブルーライン」である。
「アレグレット・ウェーブアイキュー・ブルーライン」はフライングスポット方式を採用しており、他のエキシマレーザーにくらべ、照射が短時間で済む特長がある。 また、アイトラッキングシステム(自動追尾装置)を搭載しているため、瞳孔中心に正確なレーザー照射をすることが可能となり、非常に精度の高い矯正が期待できる。

ハロー現象やグレア現象が起こりにくい

従来の照射にくらべると、照射系を大きく採ることができる。これによって、術後のハロー現象やグレア現象が起こりにくくなっている。

近視・乱視が強くても手術が可能

角膜への熱影響の少ない照射が可能なので、強度の近視・乱視の人でも治療することが可能である。 ただし、一定以上の近視・乱視度数では、プラチナイントラレーシックS-lineよりもアイレーシックの方が視力の出が良い場合がある。その場合には、ドクターと相談の上、結論を出すこととなる。

イントラレーシックの特長

また、イントラレーシックの主な特長としては、以下の2点が挙げられる。

フラップの形状について

イントラレーシックでは、フラップの厚みが均一である。これにより、エッジ部分に角度をつけられるため、フラップのフィッティングが非常によい。結果、術後の高次収差(ゆがみ)を抑えることができる。

照射システムの安全性

イントラレーシックでは、眼球を完全に圧迫固定して照射を行なう。また、眼の状態をモニターで確認しながら、照射を行なうことが可能である。 これにより、安定したフラップが確実に作成できるようになった。また、万一、照射中にトラブルが発生した場合でも、迅速な対応が可能である。

【施術の流れ】

  • 1・洗眼と点眼麻酔

    洗眼し、麻酔用の点眼薬をつける

  • 2・フラップ作成

    角膜実質にイントラレースFS60レーザーを照射。均一なフラップを作成する

  • 3・翻転

    フラップをめくる

  • 4・エキシマレーザー照射

    エキシマレーザー(アレグレットウェーブアイキューブルーライン)を角膜実質層に照射、角膜の屈折率を矯正して、視力を回復させる

  • 5・洗浄

    フラップを元の位置にもどし、フラップ下をよく洗浄して余分な異物を徹底的に洗い流す

  • 6・フラップ接着

    フラップが自然に接着されるのを待つ(数分間)

現在、各クリニックおよび施術法についての評判・口コミ・体験談を募集中です。ご寄稿いただける場合、「運営者情報」からメールをいただけたら幸いです。レーシックを受ける皆さんに適確な情報をより一層お伝えしていくため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

レーシック体験者への突撃取材

レーシックの種類

レーシック実録体験談&突撃ブログ